鳥取県鳥取市内の賃貸・アパート・マンション・不動産情報! 不動産セレクトショップ 住まいる情報センター へようこそ!

お問い合わせはこちら
TOPへ 希望条件登録 物件一覧 会社概要 地図
photo 希望条件登録
全物件情報
 
  不動産賃貸の落とし穴
    残念ながら、専門知識のないお客様をいいことに、不利な契約や不必要なものを押し付ける、心無い不動産
   業者がいるのも事実です。そのまた逆に、知識のない大家さんがカモにされていることもあります。ですから
   この業界は、業者の言いなり、天下のような風潮が残っています。これでは、安心して取引できる健全な業界が
  育ちませんので、お客様及び大家さんとも、正しい知識や不健全な実態を知ることが重要です。
 
 
  契約時
    契約は必ず締結前に、その不動産業者又は仲介する不動産業者の宅地建物取引主任者が、主任者証を
  提示して”重要事項説明書”の説明をすることが法律で義務付けられています。しかし、実態は資格のない
  社員などが便宜上説明しているケースが殆んどです。この場合、宅建業法違反ですから要求しましょう。
  ちなみに、賃貸借契約書の説明は宅建主任者以外の者が説明しても構いませんが、通常は主任者が重要
  事項説明に続いてされます。
    また多いのが、不用なものを、契約条件のように当然に押し付けることが良くあります。例えば、室内抗菌
   消臭処理費用やら、そのインターネット契約、引越し業者紹介などなど、ありとあらゆるものを取り込んで
   手数料を稼ごうとしています。不用なものは、ハッキリと要らないと言いましょう。それで契約ができなくなる
   ことはありませんし、強要する業者は即刻敬遠すべきです。
 
  入居中
    家賃滞納した場合に、大家さん又は管理会社が無断で鍵を勝手に交換することは禁じられています。しかし
   入居者様の原因によることですから、早期に話し合いをすることがお互いに解決への近道となります。黙って
   いれば済む問題ではありませんし、人としてのモラルをもち早めに経済的事情を相談することが必要です。
   
 
  退居時のトラブル
   身に覚えのないキズは、堂々と主張して構いませんが、入居時に写真や記録を撮っておけば証拠となります。
  また、余分な部分(面積)まで、貼り替えや修繕費用を要求されたりすることが、残念ながら日常茶飯事に起き
  ています。「東京ルール」をしっかり理解し備えることが必要です。
   退居立会いには、不動産業者または管理会社の修繕下請け業者が検査見積りすることがあります。勿論
  彼らに東京ルールなどの知識は薄く、商売になるように修繕箇所を多く見積もろうとしてきます。どこが前から
  あったキズとか、無論把握している訳でもありません。
   ただし契約時に、書面による”修繕特約要項”など、予めその説明を受けご自身も了解のもとに契約をされた
  ものは、有効となり原則その特約内容に従いますのでご注意下さい。
   こういったケースは、残念ながら大手不動産業者やFC業者に多く見られます。それは経営規模が大きければ
  当然営利至上主義になり、パート社員にまでノルマを課して、顧客保護の精神が見捨てられていることです。
   大手だから・・・、有名だから・・・、コマーシャルをしているから・・・イコール安心・丁寧な会社ではないことす。
 
      戻る                                               次へ
   不動産賃貸の基礎知識                                   賃貸が得か?売買が得か? 
 
   Yahoo!不動産用語集
        
 
-----------------------------------------------------------------
不動産セレクトショップ
住まいる情報センター



株式会社 アライアンス
〒680-0861 鳥取県鳥取市新104-3

TEL:0857-50-1717
FAX:0857-50-1719

営業時間:
9:00AM - 6:00PM
定休日:
水曜日、彼岸、GW、盆、年末年始、セミナー講演日等
最新情報
免責事項 個人情報保護方針
Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社アライアンス
鳥取県鳥取市新104-3